チャイニーズアンティーク(中国骨董家具中心)

本業の建築家の傍ら中国アンティーク家具や小物のお店を経営しております。 現代中国の様子や、悠久の歴史を持つアンティークの情報を発信して参ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国アンティーク家具 34 ハードウッド 紫檀黒檀鉄木


中国アンティーク NO34 ハードウッドの家具


チャイニーズアンティークファニチャー Chinese Antique Furniture(Shop)


お知らせChinese Antique Furniture(Shop)では、セール中です。リンクします。


家具は、材質により細工や値段は桁が違います。中国のアンティーク家具も、古さや程度以上に材質により価値が違うようです。日本では、江戸時代長崎で、清朝貿易を行っていたせいか、古来中国から入った木材という事で、ハードウッド堅木を唐木と称していました。日本で、言う紫檀、黒檀、タガヤサン、花梨は、中国で、言う木の材質と多少違うようです。中国でも名称は、多少地方により違うようですし、紅木といった一般名称もあり混乱します。中でも、黄花梨 老花梨と言う花梨材と違う材があります。海南島や、ベトナムで、取れる紫檀類のハードウッドで、現代でも多少あるようですが、明代中期から清朝初期に、家具等に使用のため伐採しすぎ、。紫禁城や、貴族階級の邸宅で、使用され、清中期皇帝用の材になったようです。オークションで、数百万円以上の値がつくようですが、困った事に、木目の見極めが難しいものがあります。



nankan.jpg南官帽椅 黄花梨の代用材 白酸枝です。酸枝も紫檀類のハードウッドで高級材です。細部の作りは大変良い



desk2.jpg酸枝の化粧机、シンプルな女性用の机 清末~民国期 酸枝は、日本では、黒檀や紫檀と言われています。昨今高騰している材です。


cha1.jpg鉄木の茶几(椅子の横に置き茶を飲んだりした小型の机)花台として使えます。 清末~民国期 鉄力木とも言うようです。重く木目がストレートです。


 


お問合せ、ご質問等ございましたらご連絡下さい。E-mail : info@chinese-antique.net

スポンサーサイト
  1. 2006/11/27(月) 20:53:36|
  2. 中国アンティーク家具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国アンティーク家具 35 吉祥 双喜 | ホーム | 中国アンティーク家具 33 吉祥図 蝙蝠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmoch.blog75.fc2.com/tb.php/43-43e5ccc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。